トップ > 注文住宅 > さあ、家を建てよう! > 制震の話

私たちアイレストホームは、お客さまの大切なご家族が、いつまでも安心して快適に暮らすことができる家づくりを追求しています。

さあ、家を建てよう! --アイレストの技術--

「耐震」+「制震」で安心の住まいに

もしもの地震。ご家族が暮らす大切な住まいを守るための地震対策には「耐震」が大切です。そしてさらに「制震」をプラスすることで、より安心・安全な住まいづくりが可能です。

耐震に制震という最新技術をプラス

あなたの住まい、耐震だけで安心・安全だとお考えですか?
MIRAIE_写真

地震に強いMIRAIE 4つのポイント

ポイント1

MIRAIEは地震のたびに最大95%の揺れを吸収・低減。家の損傷を抑え、住まいの資産価値を守ります。

ポイント2

MIRAIEそのものには損傷がなく、繰り返して発生する余震にも効果を発揮することを確認できました。

ポイント3

耐久性90年を実現した、その技術を確認。「高減衰ゴム」は促進劣化試験により、90年経過してもほとんど性能が変わらないことを確認しています。

ポイント4

優れたエネルギー吸収性能を持つ住友ゴム独自の「高減衰ゴム」を使用することで、ダンパー設置数を最小限に押させることができました。

揺れを吸収する3つのメカニズム

1:運動エネルギーを熱エネルギーに変換
メカニズム1_イラスト

一般のゴムボールと高減衰ゴムボールを地面に落とすと、一般のゴムボールが跳ね上がるのに対し、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。
これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。

2:高いエネルギー吸収性能
メカニズム2_イラスト

高減衰ゴムは、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。

3:高い耐久性と強固な接着力
メカニズム3_イラスト

鉄板と高減衰ゴムの接合に「加硫接着※」を採用。化学反応によって強固な接着を実現します。また、加熱による促進劣化試験では、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。
※熱と圧力をかけて接合部分を化学的に強固に接着する技術。

実証熊本地震の前震級と本震級の揺れを再現した制震効果の実証実験

実証

低コスト設置箇所が少なく施工も簡単。低コスト導入

低コスト

メンテナンス性長期にわたりメンテナンスは不要なので暮らしの負担とならない

メンテナンス性

もう一つの地震対策

木造住宅用制震装置MAMORY

●MAMORYのポイント MAMORY_写真1
  • ■愛着のあるご自宅を耐震住宅から耐震「+制震」住宅とし、繰り返しの地震に強い構造とすることができます。
  • ■設計性・施工性に優れるため、間取りなど各種ご希望に対し制約を加えることがありません。
  • ■少なくとも60年以上の耐久性を有し、基本的にはメンテナンスフリーでお使いいただけます。

高減衰ゴムの力で繰り返す巨大地震に効果を発揮

MAMORY_写真2
MAMORY_写真3
MAMORY_写真4 MAMORY_写真5 高減衰ゴムが地震エネルギーを熱エネルギーに変換し吸収・発散 矢印

地震に強い家づくりのご相談はアイレストの担当者までどうぞ