トップ > アイレストの家 > さあ、家を建てよう! > 構造の話(2)

私たちアイレストホームは、お客さまの大切なご家族が、いつまでも安心して快適に暮らすことができる家づくりを追求しています。

さあ、家を建てよう! --アイレストの技術--

鉄やコンクリートよりも本当は強い!「木」の家づくり

世界最古の木造建築物である法隆寺。その柱は何と1400年も建物を支え続けています。
このように木は、構造材として、鉄やコンクリートよりも耐久性に優れているのです。
アイレストホームでは、この耐久性の優れた木材の特徴を最大限活かし、世代を越えて引き継がれる丈夫な家づくりを提案しています。

耐久性抜群の集成材+専用金具で「つよい家づくり」

構造用集成材

「進化した木材」が安定した強度ですまいをしっかり支える 強度に優れた集成材

木は1本1本強度の違いやばらつきがあります。また、含水率によって強度の違いだけでなく、反りやくるいの原因にもなります。バランスの良い、強い構造をつくるためは、構造材一本一本の強度・品質が均質であることがとても重要になってきます。また、強度が一定なので、構造計算による明確な安全性確保が可能です。(日本の三大木造ドームである島根県出雲市出雲ドーム、秋田県大館市大館樹海ドーム、宮崎県宮崎市木の花ドームも構造計算が可能な大断面集成材で作られています。)
アイレストホームでは、柱や床の梁などの荷重のかかる部分に強度に優れた集成材を採用することで、より安定感のある骨組みを実現しています。

杉とベイマツの優れた長所を組み合わせた「進化した木材」を使用

杉とベイマツを組み合わせたJAS 認定の構造用異樹種集成材「ハイブリッド・ビーム」を使用しています。
ハイブリッド・ビームは、曲げ応力負担の大きい外層部に強くてたわみにくいベイマツを使用し、内層部には軽くて粘りのあるスギを使用しています。
この両樹種のすぐれた特性を組み合わせることで、経年変化の少ない、強度の強い構造が生まれます。

ハイブリッド・ビーム
国産材使用で
地球環境保護に貢献

※ハイブリット・ビームを使用することにより、日本全国にたくさん存在するスギを有効活用し、地球環境保護に 貢献でき、国内林業の活性化にもつながります。

工期の短縮と加工精度の高いプレカット工法を採用

アイレストホームでは、CADシステムによる全自動プレカットシステムを取り入れ、クリーンなプレカット工場にて材木を精度高く加工。
ゴミの削減、工期短縮を実現しながら、高い品質管理を行っています。
プレカット工法の木材は加工精度がきわめて高く、構造躯体を強固にします。

プレカット工法
接合金具が強度、耐久性、断熱性を向上
接合金具

柱や梁など荷重が集中しやすい構造材の接合部分には、各種接合金具を使用し、耐震性、耐久性を大幅にアップ。
あわせて、従来工法(ほぞとほぞ穴などで構造体を結合)だけでなく、要所要所では、取り付け用の穴を開けるだけで構造体を結合できる特殊金具を併用し、構造体の断面欠損を最小限に抑えます。木材の強度を低下させることなく、しっかりと構造体を組み合わせることができるため、さらに強くて安心な家づくりが可能です。