トップ > アイレストの家 > さあ、家を建てよう! > 構造の話(1)

私たちアイレストホームは、お客さまの大切なご家族が、いつまでも安心して快適に暮らすことができる家づくりを追求しています。

さあ、家を建てよう! --アイレストの技術--

軸組+耐力面材(ダイライト)で火事と地震に強い家づくり

軸組パネル工法

従来の軸組工法に、耐力面材と剛性パネルを組み合わせ、より頑丈な構造を実現。
まさに、地震、火事に負けない強い家の誕生です。

ダイライトの優れた特徴がしっかり家を守ります

地球に優しい無機質素材
再生資源として有効活用
ダイライト

温暖化・生態系の変化・・・緑の減少により環境のバランスは崩れかけています。ダイライトは、自然界にある無機質原料(鉱物繊維と火山性ガラス質素材)を再生資源として有効活用した地球に優しいエコロジーな無機質素材です。
また、発がん性があると言われるアスベストを一切含まない人にもやさしいクリーンな素材です。

家族を火事から守る 鉱物繊維と火山性ガラス質素材を原料とする無機質素材なので、すぐれた防耐火性能をそなえ、準不燃材料として認定されています。また、防火構造や準耐火構造の認定も取得しています。

防耐火性能実験 4つの試験体を同一条件(外壁下地材を直接加熱)で試験した。

防耐火性能実験
断熱・気密性をアップ 断熱・気密性

ダイライトを張るだけで気密性は大幅に向上します。(7〜10cm²/m²→4〜7cm²/m²)
ダイライトを張れば通気層もしっかり確保することが出来ます。
※冷暖房用の電気料金を節約することが出来ます。

優れた透湿性能で内部結露を防止 透湿抵抗比較表

ダイライトは湿気をよく通す耐力面材だから壁内部の湿気を放出し、結露から家を守ります。
壁内部に湿気がこもったり、乾燥しすぎたりすることを防ぎ、外壁内の湿度を安定した状態に保つため、壁の中に空気の通り道をつくって湿気をスムーズに排出します。
このように、湿気に強く壁面内部の結露を抑えるダイライトは土台や柱の腐朽を防ぎ、住まいを丈夫で長持ちさせます。

透湿抵抗値

湿気の通しやすさを測る目安が透湿抵抗値です。数値が小さいほど湿気をよく通すことを表しています。ダイライトMSは9mm厚で2.3、12mm厚で3.0ですから、構造用合板の約3 〜4倍の透湿性を発揮。(抵抗値が小さいほど、透湿性に優れています。)

シロアリから家を守る 土中埋没試験 白蟻食害試験

安定した品質で、腐食、白アリ、結露など住まいの大敵からガードし、丈夫で長持ちする住まいを実現します。
6ヶ月間土中に埋める実験でも、外観・強度ともにほとんど変化がなく、煮沸試験や凍結融解試験など過酷な環境でも、常に安定した品質、寸法を保ち、耐久性能を実証しています。
また、白アリが食料とする成分を含んでいない無機質材料のため、防蟻性にもすぐれています。

自由な間取りや家づくりが可能 ダイライトの強い壁が間取りの自由度を大きくアップするので、窓を大きくしたり数を増やしたり、採光・通気性の良い開放的な家づくりが可能です。3階建住宅や狭小敷地・変形敷地などの様々な敷地条件にも柔軟に対応。子供が増えたときには間仕切りで個室を増やす事も簡単にできます。

さらに床パネル(国産針葉樹合板)で耐震性をアップ

地震や台風による横揺れやねじれに強い2階床に24ミリの剛性パネル(国産針葉樹合板)を採用。
剛性パネルを躯体と一体化することで、非常に高い耐震性を発揮します。

剛性パネル
床パネルで耐震性をアップ