トップ > アイレストの家 > プランニング > パッシブ設計

こだわりの設計プランニング

夏涼しくて、冬暖かい、地球に優しい家づくり パッシブ設計

冷房や暖房に頼らなくても、夏は涼しく、冬は暖かい「木の家」に住みたい。そう考える人たちが増えています。
環境に負荷をかけず、太陽の光や風をうまく取り入れながら、自然と仲良く暮らしたい。それを実現するのが、パッシブデザインです。
パッシブデザインとは、機械(アクティブ)に頼らず、光や風など自然(パッシブ)の力によって、四季を通じて快適な住まいをつくる設計手法です。

遮光と空気の循環

夏の涼しさ

夏の暑さを防ぐ最大のポイントは、直射日光を遮ること。
深い庇や軒先、すだれなどで部屋へ直射日光が差し込まないようにすると、部屋の温度上昇が抑えられます。そして、極力風通しの良い窓の設計が大切です。暖かい空気は上昇するので、2階の北側の高い位置に排気用の窓をつけて、温まった空気を逃がす工夫が必要です。
また、夜は窓を開けて寝たいところですが、防犯上開けて寝ることができないことが多いので、窓の大きさや高さを工夫したり、格子を付けたりなどの工夫によって、防犯上安心して窓を開けて寝ることができます。

極力日差しを部屋に取りこみ、熱を蓄える

冬の暖かさ

天気のいい冬に日差しが差し込むリビングは日中暖房がいらないほど暖かいですよね。
世界的に見ても日射量の多い日本(特に瀬戸内海!)ですから、極力日差しを部屋に取りこみ、熱を蓄える工夫が有効です。
もちろん、せっかく取り込んだ熱を逃がすようでは元も子もありませんから、家全体の気密性と断熱性を高めることが前提となります。
そして、厚さのある音響熟成木材が有効ですが、取り入れた熱を蓄えることができる素材選びも重要です。

パッシブデザイン

パッシブデザインでエコ

パッシプデザインについて述べてきましたが、自然の力を大切に使うということは、環境に優しいと同時に人にも家計にも優しい住まいです。
高い気密可断熱性能にパッシブ設計を取り入れる住まいは、建設時にコストアップを伴いますが、ラン二ングコストを考えると十分元が取れ、何よりも快適な生活が送れます。
さあ、皆様もパッシブデザインな住まいを私たちと一緒に考えませんか?