トップ > アイレストの家 > プランニング > GUTTフレーム工法

こだわりの設計プランニング

夏涼しくて、冬暖かい、地球に優しい家づくり GUTTフレーム工法

GUTTフレーム工法は、建物の骨組に良質の骨太材とオリジナル金物を組み合わせることで、壁全面の床から天井まで届く大開口や間仕切りのない大空間など、木造軸組工法やツーバイフォー工法だけでは実現出来なかった大開口・大空間を可能にしました。
一般の木造では不可能な個性あふれる設計をご提案します。

GUTTフレーム GUTTフレーム
大開口の窓

ラーメン構造の「GUTTフレーム」は
こんなに間口が広がります

ラーメン構造の「GUTTフレーム」は1Fのみの1層フレーム、1・2Fの2層フレーム、1・2・3Fの3層フレームなど、プランに合わせて必要な本数だけ使用することで、自由設計の夢を拡げます。

自由設計の夢を拡げます

ヨコにもタテにも大きな開口部や壁のないワンフロアの大空間など、木造工法では考えられなかった住まいが実現できるラーメン構造「GUTTフレーム」工法。たとえば南面からたっぷりの採光と、庭と一体となった広々リビング。さらに、高天井、吹き抜け、ビルトインガレージまで、思い描く自由な夢の空間を実現可能にします。

活用メリット

  • 大広間、ビルトインガレージ、店舗、事務所やスケルトン&インフィル住宅が可能。
  • 和風住宅の大きな広縁開口部、吹き抜け、2台並列ビルトインガレージなど大開口が可能。
  • 必要な箇所に1フレームから採用可能。必要最低限の利用で済みます。
大広間やビルトインガレージ
シンプルな構造

ラーメン構造「GUTTフレーム」技術

ラーメン構造「GUTTフレーム」は構造がシンプルで、曲げてモーメントにより生じる圧縮応力、引っ張り応力の両方に十分耐え得る強度を備えた柱脚構造、および柱と横架材との接続構造並びにフレーム構造を提供しています。
木造(在来工法・2x4)と組み合わせ、必要なところに必要な本数だけ使用するラーメン構造「GUTTフレーム」は、耐震性能の向上だけでなくコストパフォーマンスにも優れ、新築だけでなくリフォームにもその威力と可能性を発揮します。また、耐久性にも優れています。

専用オリジナル金物が優れた強度を実現

ラーメン構造「GUTTフレーム」では、専用オリジナル金物を使用し、強靭で信頼性の高いフレーム強度を実現しています。

柱脚金物
柱脚金物

M16のアンカーボルトで直接基礎に接合された柱脚ボックスと、柱の中にドリフトピンで固定された2本の丸棒金物Sで構成される柱脚部分は、強靭で信頼性の高い柱脚構造を提供し、耐力壁に代わるフレーム強度を実現しています。

柱脚金物
柱梁金物

フレームの柱と梁の接合部分は、せん断プレートと丸棒金物Lがそれぞれドリフトピンで固定され、半剛接合構造を構成し、耐力壁に代わるフレーム強度を実現しています。
1.せん断プレート 2.特殊丸棒金物 3.ドリフトピン

在来部材金物
在来部材金物

フレーム間およびフレームを在来部と接合する横架材は専用せん断金物を用いることによって金物同士の干渉を防ぐとともに、現場での作業時間を大幅に短縮します。

※横架材の接合金物や接合方法は、このほか数種類に対応しています。