トップ > 商品紹介 > エアリード > 浮づくりの床

エアリード

浮づくりの床・・・こどもたちが床の上で転がって遊ぶ、健康フローリング

浮づくりの床

「うづくり」とは木材の表面を何度もこすることで年輪の凹凸を際立たせる加工のこと。立体感が生まれ、木の風合いを目と肌で味わう。 当社では「音響熟成木材」にその加工を施しました。 足裏を刺激し身体のバランスが良くなり、肩こりや腰痛、偏頭痛などの予防に効果があります。また、可視光線を吸収して眼精疲労を防ぎます。

温度調整をしてくれる

素足が気持ちいい、そんな床材です

梅雨時の水分を多く保水し、秋口の乾燥期に放出することで湿度の調節をしてくれるので、風邪の予防にもなります。
無塗装で、冬は暖かく、夏はひんやりと素足での暮らしが楽しめます。お父さんと子供たちが自然に床の上で転がって遊んだり・・・家族の絆の部屋にしたいですね。

床材

「浮づくりの床」の特徴

浮づくりの床
  • 足裏を刺激し、体のバランスを改善。肩こりや腰痛、偏頭痛の予防に。
  • 可視光線を吸収し、眼精疲労を防ぎます。
  • 湿度調整効果があり、冬暖かく、夏ひんやりの感触があります。
  • 素足で暮らしが楽しめ、自己治癒力が高まります。
体感できるモデルハウス「白島体感の家」はこちら