トップ > ブログ > 安東分譲サッシ編です。

安東分譲サッシ編です。

今回は、サッシについての説明です。


先ずはサッシに組み入れられているガラスについて説明させていただきます。

今回使用しているサッシは, YKK aPのAPW 330です。
この商品は、ALL樹脂サッシです。
ガラスは、Low-E複層ガラスで中空層にアルゴンガスが入っています。


 
一般的なアルミサッシと比べ、約3倍の断熱効果があると言われています。

断面は下の写真のようになっています。






下の写真は、隣の建物が反射して写っているのでわかりにくいかも知れませんが、
サッシを外から写したものです。
安東分譲D号棟のサッシは、プラチナステン色です。




ガラスに貼ってある紙にAPWとあり、その下に黄色の星が4つありますが、

これは省エネ建材等級の区分であり経済産業省のガイドラインに準拠したものです。


黄色の☆☆☆☆は最高等級を表しています。
熱貫流率が2.33以下のものが☆☆☆☆を表示出来ます。
弊社が使用しているサッシは熱貫流率が1.48ですので楽々クリアしております。





下の写真は、省エネ建材等級区分の表示がガラスの右隅に貼られたものです。
安東分譲の一般的なガラスには、どこにも小さく貼ってありますので
ご見学の際ご覧ください。




前回の断熱材と今回のサッシ、どちらも高気密・高断熱でありおまけに
省エネ性、防音性にも優れた商品です。

快適なお住まいを提供出来る事を誇りに思います。


  白島月いちイベント「夏休み親子クッキング」開催しました♪ 安東分譲「幻の漆喰」編です